ピロリ菌戦線

ピロリ菌に感染しないために

新着情報

◎2017/5/7

ピロリ菌のリスク
の情報を更新しました。

「ピロリ ガン」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@rev_dd他1人 ヒェッ…(´°ω°`)↯↯ やっぱりこぁぃ ピロリ除去って初めて聞きました 胃ガン的なアレコレなんすな

今日胃がん検診受けました。ガンは無いけど胃炎が沢山見えた❗ピロリ除菌を四年前してるが胃炎は治らないんだな。 pic.twitter.com/VsLkncGgTP

【もずくの代表的な栄養素】 ①フコイダン 免疫機能を高めてピロリ菌やウイルス、ガン細胞をやっつける。便通を整える。 活性酸素を取り除き、抜け毛を防ぐ。 ②アルギン酸 コレステロールやナトリウムを排出して生活習慣病の予防に。 ③フコキサンチン 内蔵脂肪を燃やしてくれる。 #もずく

Twitter kampo_taiyo 新宿区の漢方薬局 太陽堂

返信 リツイート 昨日 18:34

返信先:@hanahanabareガンの検査はピロリ菌のあるなしでも充分わかるらしいですもんね💦来年からは嘔吐したこと伝えてやめてもらうようにします😭💦

返信先:@akinon1102 そうなんですね💦 ガンの原因にもなるので ピロリ菌除菌の薬は きちんと1週間飲まないといけないそうです 私はその時 忙しくて 決まった時間に1週間というのが守れるか自信なくて 伸ばしてたら怒られました そりゃそうですよねd( ̄  ̄) 大変ですが 痛みが無くなるその日を 思いながら 頑張って下さい

はたらく細胞の推しは赤血球ちゃんとと白血球(モブ含む)とキラーTとヘルパーTとナイーブTと制御性Tさんとマクロファージさんと樹状細胞さんと記憶細胞さんとB細胞さんと血小板ちゃんとマストさんと好酸球ちゃんとNKさんと肺炎球菌と乳酸菌とガン細胞とスギ花粉と細胞とピロリ菌とそのたもろもろかな

Twitter abekujira あべすね@固定

返信 リツイート 7/17(火) 23:21

返信先:@sasadebris ピロリ菌、ガンの可能性が増すのは聞いたような気がするんですが、胃潰瘍にもなりやすいんですね…(;▽;) ちゃんと良くなったら絶対検査に行きます!

ふらさんピロリ菌を持つ割合が高いので胃ガンになりやすい&消化器官の疾患が多い ってマジ!?w

Twitter flw21 吉ふらぞう

返信 リツイート 7/15(日) 13:26

返信先:@3732ekosuke 再検査、異常無しだといいですね🙂 私はガンの家系なので1年置きに胃カメラ飲んでいます。ピロリ菌もOKです。

返信先:@fujinitaiyou ガンマGTP… ガンメタのスカイラインGTRっぽくてカッコいい👍♪懐かしいや♡ そしてピロリはまだ私の体で飼ってるわ💦

井戸水でピロリ菌に感染することも

井戸水でピロリ菌に感染することも ピロリ菌は胃潰瘍や胃炎、胃がんなどの原因になる細菌です。
人間の腸の中は強い酸性のため普通の菌は生きていけないのですが、その中でも生きていくことができるように酵素を作り出し、自分の周りの酸を中和することで生きていくことができるという特性を持っています。
通常は幼少期に母親から子供へ食べ物の口移しなどで感染すると言われているのですが、昔は現在よりも多くの人がピロリ菌に感染していたと言われています。
これは現在のように上水道が普及していない地域では井戸水を使っていたことが大きな原因になっていると考えられています。
アメリカのデータでは井戸の深さや個人所有か共同のものかなどの詳細を比べても、井戸水を使っている人の約50%以上にピロリ菌の感染があるというものがあります。
水道が整備されていくにしたがって、感染率も低下しているというデータもあることから、ピロリ菌に感染したくなければ井戸水はあまり飲まない方が良いとも言えます。

ピロリ菌の潜伏期間について

ピロリ菌とは、胃に生息するらせん状の細菌のことです。
潜伏期間が長く、目立った症状が現れないことが多いので、自分が保菌していると気付かない場合が多いとされています。
大半が食べ物や飲み物からの閉口感染で、幼少期にすでに感染してしまっているケースが多く、40代の8割近くが保菌しているとされています。
知らない間に胃炎や胃潰瘍、胃がんといった病気に進行してしまうので、非常に怖い最近であると言えます。
ピロリ菌はどれくらいの潜伏期間を経てから体内で悪さをするかなど、特定することは出来ません。
急性胃炎や胃潰瘍は腹痛や出血が伴いますが、慢性胃炎は症状が出ないままに進行し、気付いたときにはかなり症状が進んでいることが多くあります。
ピロリ菌を除菌すれば胃がんの発生を予防できますが、胃炎が進行していると除菌しても防げない場合もあります。
早く行えば行うほど、予防効果が得られます。
そのため、病院で検査をして早期発見・早期治療が重要となります。

Copyrignt(c) 2015 ピロリ菌戦線 All rights reserved.