ピロリ菌戦線

ピロリ菌に感染しないために

新着情報

◎2017/5/7

ピロリ菌のリスク
の情報を更新しました。

「ピロリ ガン」
に関連するツイート
Twitter

胃がんの原因となるピロリ菌検査は陰性だったので、次は大腸ガン検査。 病院行って「病気じゃなかったやん」って嘆く人が時々いるけど、健康であることを確認するのが大事。 俺の大腸、無事であることを祈りますw pic.twitter.com/u9m6hL58hB

Twitter norrya 📪安田則之

返信 リツイート 12:09

返信先:@gotS_andDeath なるよー!胃が弱いしピロリ菌消えないから胃ガンの恐怖は常にあるし、年に一度二度ある低血糖で糖尿病だー!!って騒ぐしこの前は口内炎が治らなくて口腔ガンだ!って騒いだ… もう中年なんだし何があってもおかしくないから神経質なくらいで丁度いいよ!と割り切ってるわ。

Twitter Reggae_no_Tami3 狂走けたぐり親方

返信 リツイート 9:05

返信先:@pinran2356 結果大丈夫だと良いね。私は2度目のピロリ菌検出だからまた内視鏡検査しなきゃいけない💦 前に内視鏡検査したとこにまた行って予約して来なきゃ… 区から大腸ガン肝炎ウイルス検査の受診票が今日届いていました。

Twitter emeraldnebula 咲月@μ'sic forever/6.19仙台サンプラ

返信 リツイート 昨日 17:56

今日、お医者様よりおれの胃袋からピロリ菌が検出されたと報告を受けました。放っておくと胃ガンになると脅されたので今日から1週間、ヤク中になりますが至って元気です。しかし、ピロリ菌って名前可愛いくせに恐ろしい奴だ。どうりでずっと腹が痛かったわけだ。クソっ!

返信先:@emeraldnebula ピロリ菌かぁ。私は結果待ち。今回、大腸ガン検診もしました。

たとえば抗凝固の文脈では、CHADS系、HASBLED、ピロリ、大腸ガンリスクなど情報を揃えて、患者さんにプロスペクト理論などの損失回避バイアスを理解してもらってから、初めて議論が始まるイメージ

Twitter sajinajimu 佐治なじむ

返信 リツイート 昨日 14:46

ガンが減ったのは水質改善でピロリ菌感染者が減ったからじゃないのかしら。 レントゲンとCTでガンに…「過剰検査」で殺されるな! #SmartNews web.smartnews.com/articles/2HmME…

【コーヒーの効果】 コーヒーには胃が荒れるのではないか?というネガティブなイメージがありますが、実際には高い抗菌作用により胃潰瘍を起こすピロリ菌やサルモネラ菌などを退治する効果があります。 ほかにも、皮膚ガン、大腸ガン、肝臓ガン、肝硬変、糖尿病の予防にも効果があるそうです。

Twitter utukusikuikiru 健康、美しく生きるために。

返信 リツイート 昨日 1:36

返信先:@KHopner ピロリ菌を除けば、ガンにならない系だったはず!

【コーヒーの効果】 コーヒーには胃が荒れるのではないか?というネガティブなイメージがありますが、実際には高い抗菌作用により胃潰瘍を起こすピロリ菌やサルモネラ菌などを退治する効果があります。 ほかにも、皮膚ガン、大腸ガン、肝臓ガン、肝硬変、糖尿病の予防にも効果があるそうです。

Twitter utukusikuikiru 健康、美しく生きるために。

返信 リツイート 5/22(火) 22:37

井戸水でピロリ菌に感染することも

井戸水でピロリ菌に感染することも ピロリ菌は胃潰瘍や胃炎、胃がんなどの原因になる細菌です。
人間の腸の中は強い酸性のため普通の菌は生きていけないのですが、その中でも生きていくことができるように酵素を作り出し、自分の周りの酸を中和することで生きていくことができるという特性を持っています。
通常は幼少期に母親から子供へ食べ物の口移しなどで感染すると言われているのですが、昔は現在よりも多くの人がピロリ菌に感染していたと言われています。
これは現在のように上水道が普及していない地域では井戸水を使っていたことが大きな原因になっていると考えられています。
アメリカのデータでは井戸の深さや個人所有か共同のものかなどの詳細を比べても、井戸水を使っている人の約50%以上にピロリ菌の感染があるというものがあります。
水道が整備されていくにしたがって、感染率も低下しているというデータもあることから、ピロリ菌に感染したくなければ井戸水はあまり飲まない方が良いとも言えます。

ピロリ菌の潜伏期間について

ピロリ菌とは、胃に生息するらせん状の細菌のことです。
潜伏期間が長く、目立った症状が現れないことが多いので、自分が保菌していると気付かない場合が多いとされています。
大半が食べ物や飲み物からの閉口感染で、幼少期にすでに感染してしまっているケースが多く、40代の8割近くが保菌しているとされています。
知らない間に胃炎や胃潰瘍、胃がんといった病気に進行してしまうので、非常に怖い最近であると言えます。
ピロリ菌はどれくらいの潜伏期間を経てから体内で悪さをするかなど、特定することは出来ません。
急性胃炎や胃潰瘍は腹痛や出血が伴いますが、慢性胃炎は症状が出ないままに進行し、気付いたときにはかなり症状が進んでいることが多くあります。
ピロリ菌を除菌すれば胃がんの発生を予防できますが、胃炎が進行していると除菌しても防げない場合もあります。
早く行えば行うほど、予防効果が得られます。
そのため、病院で検査をして早期発見・早期治療が重要となります。

Copyrignt(c) 2015 ピロリ菌戦線 All rights reserved.