ピロリ菌戦線

ピロリ菌に感染しないために

新着情報

◎2017/5/7

ピロリ菌のリスク
の情報を更新しました。

「ピロリ ガン」
に関連するツイート
Twitter

ハイルマニ菌は、ピロリ菌検査などでも検出できない難物です。  ハイルマニ菌がコワイのは、人だけでなく、犬やネコなどのペットから感染するということ。 #末期ガン #免疫療法 #抗がん剤  amazon.co.jp/dp/B07GQVQS8Q ■末期ガンを制圧する三つの矢

Twitter夢の国・米子 "トリ仙人"@ebook_Yonago

返信 リツイート 12:48

実は、ピロリ菌の感染がない状態でも、胃がんなどの胃周辺の悪性な疾患が発生しています。  その原因の細菌は「ハイルマニ菌(ヘリコバクター・ハイルマニ)」といい、ピロリ菌とよく似た形状 #末期ガン #免疫療法 #抗がん剤  yase.chu.jp ■末期ガンを制圧する三つの矢

Twitter夢の国・米子 "トリ仙人"@ebook_Yonago

返信 リツイート 12:47

油断すると、再度感染してしまう恐れがあるので油断大敵ですね。  この、ピロリ菌の感染と胃炎の発生は、ピロリ菌の発見者(ノーベル医学賞受賞)が自分の体で人体実験をして証明しています。 #末期ガン #免疫療法 #抗がん剤  yase.chu.jp ■末期ガンを制圧する三つの矢

Twitter夢の国・米子 "トリ仙人"@ebook_Yonago

返信 リツイート 12:46

ピロリ菌は人にのみ感染します。また、たとえ除菌できたとしても、   ①唾液を介しての口移しやキッスなどで感染   ②糞便を介しての直接感染or井戸水や生水で感染 #末期ガン #免疫療法 #抗がん剤  amazon.co.jp/dp/B07GQVQS8Q ■末期ガンを制圧する三つの矢

Twitter夢の国・米子 "トリ仙人"@ebook_Yonago

返信 リツイート 12:45

---ペット好きは胃がんに---  「山本KID氏(41)胃がんで逝く」の記事で、ピロリ菌の存在が胃がんの原因の多くをしめると説明しました。 #末期ガン #免疫療法 #抗がん剤  amazon.co.jp/dp/B07GQVQS8Q ■末期ガンを制圧する三つの矢

Twitter夢の国・米子 "トリ仙人"@ebook_Yonago

返信 リツイート 12:45

✍ねぎ(ネギオール):ネギの白い部分に含まれるネギオールと呼ばれる成分には、強い殺菌作用もあり、胃炎や胃潰瘍、胃ガンの原因になるピロリ菌にも効力を発揮する。発汗作用やのどの炎症を抑えるのに効果もある。

「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏が「胃がんは防げる病気なのに」 とツィートして炎上したりしていますが、確かに、ピロリ菌対策(私は毎日しています)をしていれば大半の胃がんは防げるとも。 #末期ガン #免疫療法 #抗がん剤  yase.chu.jp ■末期ガンを制圧する三つの矢

Twitter夢の国・米子 "トリ仙人"@ebook_Yonago

返信 リツイート 昨日 18:49

胃潰瘍や十二指腸潰瘍も「ピロリ菌」が原因の可能性があります。多少痛い位…という安易な考えが数年後の「後悔」へ繋がらない様、しっかり向き合ってみて下さい。 山本KIDの死にホリエモンが「防げるガンなのに」と発言した理由 | ホリエモンドットコムブログ weblog.horiemon.com/100blog/47678/ @HORIEMON_COM

【コーヒーの効果】 コーヒーには胃が荒れるのではないか?というネガティブなイメージがありますが、実際には高い抗菌作用により胃潰瘍を起こすピロリ菌やサルモネラ菌などを退治する効果があります。 ほかにも、皮膚ガン、大腸ガン、肝臓ガン、肝硬変、糖尿病の予防にも効果があるそうです。

Twitter健康、美しく生きるために。@utukusikuikiru

返信 リツイート 昨日 3:36

ピロリ菌検査いこ。 山本KIDの死にホリエモンが「防げるガンなのに」と発言した理由 | ホリエモンドットコムブログ weblog.horiemon.com/100blog/47678/ @HORIEMON_COMより

TwitterCheng🇯🇵🇹🇼@veg_kei

返信 リツイート 昨日 1:22

井戸水でピロリ菌に感染することも

井戸水でピロリ菌に感染することも ピロリ菌は胃潰瘍や胃炎、胃がんなどの原因になる細菌です。
人間の腸の中は強い酸性のため普通の菌は生きていけないのですが、その中でも生きていくことができるように酵素を作り出し、自分の周りの酸を中和することで生きていくことができるという特性を持っています。
通常は幼少期に母親から子供へ食べ物の口移しなどで感染すると言われているのですが、昔は現在よりも多くの人がピロリ菌に感染していたと言われています。
これは現在のように上水道が普及していない地域では井戸水を使っていたことが大きな原因になっていると考えられています。
アメリカのデータでは井戸の深さや個人所有か共同のものかなどの詳細を比べても、井戸水を使っている人の約50%以上にピロリ菌の感染があるというものがあります。
水道が整備されていくにしたがって、感染率も低下しているというデータもあることから、ピロリ菌に感染したくなければ井戸水はあまり飲まない方が良いとも言えます。

ピロリ菌の潜伏期間について

ピロリ菌とは、胃に生息するらせん状の細菌のことです。
潜伏期間が長く、目立った症状が現れないことが多いので、自分が保菌していると気付かない場合が多いとされています。
大半が食べ物や飲み物からの閉口感染で、幼少期にすでに感染してしまっているケースが多く、40代の8割近くが保菌しているとされています。
知らない間に胃炎や胃潰瘍、胃がんといった病気に進行してしまうので、非常に怖い最近であると言えます。
ピロリ菌はどれくらいの潜伏期間を経てから体内で悪さをするかなど、特定することは出来ません。
急性胃炎や胃潰瘍は腹痛や出血が伴いますが、慢性胃炎は症状が出ないままに進行し、気付いたときにはかなり症状が進んでいることが多くあります。
ピロリ菌を除菌すれば胃がんの発生を予防できますが、胃炎が進行していると除菌しても防げない場合もあります。
早く行えば行うほど、予防効果が得られます。
そのため、病院で検査をして早期発見・早期治療が重要となります。

Copyrignt(c) 2015 ピロリ菌戦線 All rights reserved.