ピロリ菌戦線

ピロリ菌に感染しないために

新着情報

◎2017/5/7

ピロリ菌のリスク
の情報を更新しました。

「ピロリ ガン」
に関連するツイート
Twitter

そうだな、それじゃあ、ノロウイルスもピロリ菌とガンをやめて、風邪で、咳き と但と鼻水と提灯鮟鱇で!

Facebook 香織藤本 - 9:12

内科行けば良かった。お腹おかしい。ガンピロリ菌?

Twitter twincats3cats ソラ猫☆ADHD - 昨日 20:25

リツイート 返信

バリウム検診はガンを誘発する NEWSポストセブン|胃がんの99%はピロリ菌原因 バリウム検査での発見率は低い│ www.news-postseven.com/archives/201511...

@kusunde_kitayo スグルさま ピロリ菌の駆除はされましたか…? ご存知だと思いますがピロリ菌は 胃ガンの原因にもなるので…(^_-) なにわともあれ お大事になさって下さい…♡

Twitter lovelyaibon ラブリ〜あいぼん - 昨日 7:55

リツイート 返信

わたしはさぁ、現代人にもっと健康を意識して貰いたいだけよ 肌荒れ、便秘とか、ストレス、アレルギーや鬱で悩む現代人 ガンや、ピロリ菌、高血圧、血糖値、アルツハイマーなど 不安を抱える現代人 もっと自分の体を労るだけで 健康的な毎日送る方法があるということを知ってもらいたいだけさ

Twitter A0827050 HELL@冬眠 - 昨日 5:26

1RT リツイート 返信

今は落ち着いているが、もともと僕は胃潰瘍がひどい。頻繁に胃や十二指腸に穴があく。ピロリ菌はいない。イラッとしたら一瞬で胃に二十数か所も穴があき、いきなり吐血したり、便が血便で真っ黒くなったりする。胃潰瘍で診てもらっていた病院の先生から、あなたは胃ガンで死ぬだろうといわれました。

Twitter melon_masa magical Creamy Masa - 昨日 0:57

リツイート 返信

ピロリ菌大暴れで 新型のインフルエンザに感染して、免疫力が低下 腸内環境が変わり、がん細胞が活性化 その頃体は、改善傾向に向かい ガンが発生することはなくなった。 こういう流れかな?

最近、整腸剤飲むのをやめてみたが、調子いい時と悪いときの差が激しいな~。胃もあんまりいい感じしないし…。やはりピロリの検査かな…胃潰瘍とか胃ガンになる前に…

いえ~ぃ ガンもヤバスナ腫瘍も無かった 十二指腸潰瘍の治りかけなんだって ピロリさんは居そうな胃壁らしい 僕は死なないんだな ただ、諭吉さんが二人家出した(;o;)

【コーヒーの効果】コーヒーには胃が荒れるのではないか?というネガティブなイメージがありますが、実際には高い抗菌作用により胃潰瘍を起こすピロリ菌やサルモネラ菌などを退治する効果があります。ほかにも、皮膚ガン、大腸ガン、肝臓ガン、肝硬変、糖尿病の予防にも効果があるそうです。

Twitter nyqitoramoca 美しく健康になりたい! - 11/16(木) 12:30

リツイート 返信

井戸水でピロリ菌に感染することも

井戸水でピロリ菌に感染することも ピロリ菌は胃潰瘍や胃炎、胃がんなどの原因になる細菌です。
人間の腸の中は強い酸性のため普通の菌は生きていけないのですが、その中でも生きていくことができるように酵素を作り出し、自分の周りの酸を中和することで生きていくことができるという特性を持っています。
通常は幼少期に母親から子供へ食べ物の口移しなどで感染すると言われているのですが、昔は現在よりも多くの人がピロリ菌に感染していたと言われています。
これは現在のように上水道が普及していない地域では井戸水を使っていたことが大きな原因になっていると考えられています。
アメリカのデータでは井戸の深さや個人所有か共同のものかなどの詳細を比べても、井戸水を使っている人の約50%以上にピロリ菌の感染があるというものがあります。
水道が整備されていくにしたがって、感染率も低下しているというデータもあることから、ピロリ菌に感染したくなければ井戸水はあまり飲まない方が良いとも言えます。

ピロリ菌の潜伏期間について

ピロリ菌とは、胃に生息するらせん状の細菌のことです。
潜伏期間が長く、目立った症状が現れないことが多いので、自分が保菌していると気付かない場合が多いとされています。
大半が食べ物や飲み物からの閉口感染で、幼少期にすでに感染してしまっているケースが多く、40代の8割近くが保菌しているとされています。
知らない間に胃炎や胃潰瘍、胃がんといった病気に進行してしまうので、非常に怖い最近であると言えます。
ピロリ菌はどれくらいの潜伏期間を経てから体内で悪さをするかなど、特定することは出来ません。
急性胃炎や胃潰瘍は腹痛や出血が伴いますが、慢性胃炎は症状が出ないままに進行し、気付いたときにはかなり症状が進んでいることが多くあります。
ピロリ菌を除菌すれば胃がんの発生を予防できますが、胃炎が進行していると除菌しても防げない場合もあります。
早く行えば行うほど、予防効果が得られます。
そのため、病院で検査をして早期発見・早期治療が重要となります。

Copyrignt(c) 2015 ピロリ菌戦線 All rights reserved.