ピロリ菌戦線

ピロリ菌に感染しないために

新着情報

◎2017/5/7

ピロリ菌のリスク
の情報を更新しました。

「胃 粘膜」
に関連するツイート
Twitter

もたれや食欲不振、吐き気には消化酵素成分、の働きを調節する成分(健薬)、粘膜を保護する薬がおすすめです。 食後にが痛む等もこちらがよいでしょう。

Twitter drug_bot お薬bot

返信 リツイート 6分前

24歳男性。2017年冬頃より胸やけを自覚していた。本日、臨床実習中に指導医の提案で上部消化管内視鏡検査を施行された。食道接合部の粘膜ひだに限局するそれぞれ1~2mm程度のびらんを複数認め、逆流性食道炎ロサンゼルス分類GradeAと診断された。患者が次に受けるべき試験はどれか。

Twitter shkusamoto くさもん

返信 リツイート 54分前

【お昼ごはん】 発芽米、温泉卵、黒胡麻、納豆、煮物、キャベツの味噌煮、鶏胸肉のレモン蒸し、豆乳プロテイン、ヨーグルト、りんご →お腹チョー満腹😋 【お薬】 茯苓飲合半夏厚朴湯 粘膜保護剤 【体調】 喉の違和感少々

返信先:@chel_4他1人 ガスター10は酸を抑える薬ですけど、色々副作用あるみたいですね。 自分はそれよりマイルドな粘膜を増やすセルベールとかをよく飲みますよ。

大腸を刺激して便秘や下痢などを改善する整腸作用がある。また、粘膜を刺激して液の分泌を促す

Twitter Ninnnikubot 河原さんが剥いたニンニクbot

返信 リツイート 12:13

...起こる現象ですので特に気にしなくてもいいでしょう。 水分補給やうがいをすることで解消されることがほとんどです。 ・食べ物による口臭 文字どおりニンニクやお酒などを食べたり飲んだりすることで起こる口臭です。 の中からなくなると自然に消えます。ガムなどで緩和されますね。 ・苔(ぜったい) 新陳代謝により、剥がれ落ちた粘膜細胞や白血球などが舌に付着し、それが細菌に分解されることによって起こる口臭です。 歯...

Facebook Allegro White

11:31

お薬をアルコールで飲むのは良くないっていうのは知られているけれど、ジュースや牛乳で飲むのも良くないらしいよ。含まれている成分がお薬の成分と作用して思わぬ働きをしてしまうことがあるんだって。 水分が少なすぎても粘膜がやられてしまうようだから、コップ一杯の水かぬるま湯が安心だね。

Twitter medicine107h おくすり飲めたね髭切bot

返信 リツイート 10:45

コーヒーと緑茶は必ず食後に飲む。粘膜を保つ為に。

Twitter 35849kaiun 三合堂

返信 リツイート 10:24

非特異的防御機能(先天性免疫、自然免疫)は一般的な異物の侵入に対し無差別に攻撃・排除しようとする働き。生まれつきの抵抗性。感染初期において重要。バリアとして皮膚粘膜、抗菌性物質として粘液やの塩酸、好中球やマクロファージによる無差別攻撃。

Twitter wakuwakunomoto2 アロマトクレイ

返信 リツイート 9:30

猫、頑張った!😭 粘膜が荒れてたみたい😭 昨日こういうの出たから、やっぱ血の気引いたけど落ち着いた行動がいかに大切かわかりました………………… pic.twitter.com/rLPr8jFjHZ

ピロリ菌を減らす食品とは

ピロリ菌を減らす食品とは ピロリ菌は胃の中に住みつき、胃がんや消化性潰瘍の原因となることがあります。
50代以上の約7割以上が菌を保有していると言われており、強毒性と弱毒性があります。
症状がないまま過ごす方も多くいます。
ピロリ菌は除菌により駆除することができますが、食品からもピロリ菌を減らす効果が期待できます。
まず、ココアです。
ココアは遊離脂肪酸がありますが、この遊離脂肪酸が死滅させる効果があります。
また、梅肉エキスや乳酸菌LG21を含むヨーグルト、ブロッコリースプラウトにも減少効果があります。
ブロッコリースプラウトは1日1パックを3か月ほど食べると減少すると言われています。
この他にはわかめやモズクに含まれているフコダインがあります。
フコダインはヌルヌルしていることもあり継続して摂取すると胃の粘膜にフコダインが貼りつき、ピロリ菌を取り込み吸収した後体外に排出することができます。
食品からも菌を減らすことができますが、除菌することはできません。
あくまで補助的や役割と思うことが大事です。

発酵乳製品におけるピロリ菌への抵抗性について

胃酸が存在する過酷な環境下でも生育し、胃の粘膜に炎症を齎したりする厄介な存在がピロリ菌です。
近年は発癌との関係も指摘され、医学的に投薬による除菌療法を行うケースも一般化して来ました。
こうしたピロリ菌に対して、実は日常から摂取出来る食材の中に対抗して数を減らしてくれるものがあります。
それが発酵した乳製品で、発酵の元となる一部の乳酸菌がその効用を齎しています。
実際にピロリ菌を保有する人に対し、乳酸菌の1つであるビフィズス菌の特定株を含んだヨーグルトを毎日摂取して貰ったところ、数週間後には菌数が減少していたという研究結果もあります。
乳酸菌には胃の組織自体の回復にも寄与する事が解っており、除菌とは行かないものの悪影響を抑えるには充分な効果があるものと考えられます。
最近では前述の除菌療法において発酵乳製品摂取を併用するケースも増加しており、除菌率の向上にも繋がっています。
菌の存在や其れによる症状が見られる事が既に解っているような場合、発酵乳製品を積極的に日常に摂り入れて置くのも望ましい選択であると言えます。

Copyrignt(c) 2015 ピロリ菌戦線 All rights reserved.