ピロリ菌戦線

ピロリ菌に感染しないために

新着情報

◎2017/5/7

ピロリ菌のリスク
の情報を更新しました。

「胃 粘膜」
に関連するツイート
Twitter

コーヒーはどう?カフェインを多く含むコーヒーは眠気覚ましにぴったりだけど、刺激が強くを痛めてしまうこともある。そういう時は牛乳や生クリームなどを混ぜると、粘膜が保護され痛みが和らぐはずだよ。

Twitter唐揚げスペシャル作業しろ審判小僧Bot@sagyou_judge

返信 リツイート 34分前

返信先:@chi_sukeTrb ロキソニンやっぱり荒れるんですね……しゅん……粘膜保護系でちょっとググります!助かりましたありがとうございます……!

返信先:@7210osmt ロキソニンは腸が荒れて最終的に下痢になるで粘膜保護系をオヌヌメします!

潰瘍のようなものであれば、 粘膜の保護作用のある牛乳ならばよいらしいです に優しい飲み物としては牛乳、乳飲料が挙げられていました 食べず飲まず休めることが何よりよいそうですが そのようなわけには……(汗)

Twitter🎊あかね=ポンコツ·ᴥ·🎊@cl_erhu

返信 リツイート 12:47

癌の肉眼分類:早期癌はⅡc型(表面陥凹型)、進行癌は3型(潰瘍浸潤型)がいちばん多い。ちなみに早期癌は大きさやリンパ節転移の有無に関係なく、深達度が粘膜内または粘膜下層までとどまるもの。

【お昼ご飯】 白米 味噌汁 豚しゃぶ+蒸しキャベツ+アスパラ(ごまだれ) 豆腐+そら豆 ぶどう+ヨーグルト アーモンドミルク →お腹いっぱい😋 【お薬】 勝湿顆粒 釣藤散1/3 晶三仙1/3 粘膜保護剤 【体調】 めまい 喉の圧迫感 背中のピリピリ😵 pic.twitter.com/Ycm7t6kvdL

ブランチ………………ブランチは粘膜を回復してくれる、これは古事記にもそう書いてある、かわいいきれい色あせない……

聞いてください、自分には沢山の効能があるんですよ!ざっと言いますと、 ・糖尿病 ・動脈硬化 ・骨粗鬆症 ・や肺の粘膜強化 ・高血圧 などに効果があるといわれています。 だから、『雲南百薬』と呼ばれることもあるんです。

Twitterおかわかめ 【アカザカズラ】@okawakameBOT

返信 リツイート 12:18

トイレ行くだけで痛てぇペヤング破壊神すぎだろ(私の粘膜が弱いだけ)

コーヒーはどうだ?カフェインを多く含むコーヒーは眠気覚ましにぴったりだが、刺激が強くを痛めてしまうこともある。そういう時は牛乳や生クリームなどを混ぜると、粘膜が保護され痛みが和らぐはずだ。

Twitter課題やれバッターbot@Batter_task_bot

返信 リツイート 12:00

ピロリ菌を減らす食品とは

ピロリ菌を減らす食品とは ピロリ菌は胃の中に住みつき、胃がんや消化性潰瘍の原因となることがあります。
50代以上の約7割以上が菌を保有していると言われており、強毒性と弱毒性があります。
症状がないまま過ごす方も多くいます。
ピロリ菌は除菌により駆除することができますが、食品からもピロリ菌を減らす効果が期待できます。
まず、ココアです。
ココアは遊離脂肪酸がありますが、この遊離脂肪酸が死滅させる効果があります。
また、梅肉エキスや乳酸菌LG21を含むヨーグルト、ブロッコリースプラウトにも減少効果があります。
ブロッコリースプラウトは1日1パックを3か月ほど食べると減少すると言われています。
この他にはわかめやモズクに含まれているフコダインがあります。
フコダインはヌルヌルしていることもあり継続して摂取すると胃の粘膜にフコダインが貼りつき、ピロリ菌を取り込み吸収した後体外に排出することができます。
食品からも菌を減らすことができますが、除菌することはできません。
あくまで補助的や役割と思うことが大事です。

発酵乳製品におけるピロリ菌への抵抗性について

胃酸が存在する過酷な環境下でも生育し、胃の粘膜に炎症を齎したりする厄介な存在がピロリ菌です。
近年は発癌との関係も指摘され、医学的に投薬による除菌療法を行うケースも一般化して来ました。
こうしたピロリ菌に対して、実は日常から摂取出来る食材の中に対抗して数を減らしてくれるものがあります。
それが発酵した乳製品で、発酵の元となる一部の乳酸菌がその効用を齎しています。
実際にピロリ菌を保有する人に対し、乳酸菌の1つであるビフィズス菌の特定株を含んだヨーグルトを毎日摂取して貰ったところ、数週間後には菌数が減少していたという研究結果もあります。
乳酸菌には胃の組織自体の回復にも寄与する事が解っており、除菌とは行かないものの悪影響を抑えるには充分な効果があるものと考えられます。
最近では前述の除菌療法において発酵乳製品摂取を併用するケースも増加しており、除菌率の向上にも繋がっています。
菌の存在や其れによる症状が見られる事が既に解っているような場合、発酵乳製品を積極的に日常に摂り入れて置くのも望ましい選択であると言えます。

Copyrignt(c) 2015 ピロリ菌戦線 All rights reserved.