ピロリ菌戦線

ピロリ菌に感染しないために

新着情報

◎2017/5/7

ピロリ菌のリスク
の情報を更新しました。

「胃 粘膜」
に関連するツイート
Twitter

...今回は、「消化器内科」を紹介しています。 【消化器内科】 早期消化管がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術は年間300例以上行っています。 北九州市立医療センター・消化器内科で診療している主な病気は食道、、十二指腸、小腸、大腸、膵臓、胆道の病気です。 がんの診断、内視鏡による治療、抗がん剤による治療、消化性潰瘍、逆流性食道炎などの酸関連疾患、難治性疾患であるクローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症...

大腸を刺激して便秘や下痢などを改善する整腸作用がある。また、粘膜を刺激して液の分泌を促す

Twitter Ninnnikubot 河原さんが剥いたニンニクbot

返信 リツイート 3:13

返信先:@1230_ivan ううん、普通に目薬の入れ物に入ってる・・・粘膜治すやつみたい すごい苦いんだ・・・(1度心挫けてる) 自由なのいい事だよね😀盛るぞーー! (`・ω・´)キリッこちらこそだぞ 来年も頼むぞ(`・ω・´)キリッ (`・ω・´)キリッ定期的に補給する・・・シャブ

Twitter ziekheil1001 ハジオ@怪盗になりたい

返信 リツイート 2:32

空腹時のの痛み、胸焼け、げっぷ、むかつきは酸を中和するもの(制酸剤)、酸分泌抑制成分、粘膜を保護する成分がよいでしょう。 痛みを鎮めるものでもよいでしょう。 またこの場合、熱いものを食べるのは避けましょう。

Twitter drug_bot お薬bot

返信 リツイート 2:22

消化、吸収、排泄など腸の働きは副交感神経によって活発になります。 ストレスで脳に体内静電気が溜まります。脳の異常な興奮で交感神経優位になると、腸の働きは低下して、便秘、もたれ、胸焼け、痛、食欲不振等の症状が起こります。 また、交感神経優位の状態が長く続くと、腸の粘膜への血流が不足して臓器そのものの新陳代謝が弱まり、潰瘍や十二指腸潰瘍、がんの発生リスクが高まります。 不眠と...

返信先:@Shaula__Star 効きすぎたり、喉の粘膜を傷めて食道炎になったり…だから水かぬるま湯(200ml)くらいでしっかりとまで流し込むのがいいよ(`・ω・)ノ(・ω・`#)なでなで

Twitter EBejXI39e9h0aCo わんたん

返信 リツイート 0:53

癌の肉眼分類:早期癌はⅡc型(表面陥凹型)、進行癌は3型(潰瘍浸潤型)がいちばん多い。ちなみに早期癌は大きさやリンパ節転移の有無に関係なく、深達度が粘膜内または粘膜下層までとどまるもの。

Twitter 594107 594107

返信 リツイート 0:16

CDの病変(focally enhanced gastritis) CDでは竹の節状外観が報告されている。生検ではやはり類上皮細胞肉芽腫。 FEGは正常粘膜を背景にリンパ球組織球を主体とした炎症細胞浸潤が数腺管を巻き込んだCDの初期病変。特異度は低い小児に限ればそこそこ高い

Twitter igaku69 apathology

返信 リツイート 0:12

RT @tutiyak: 食べ過ぎ、飲み過ぎ、冷えなどお腹の不調にはキャベツの味噌汁! キャベツには消化酵素のビタミンUが粘膜の修復を助けます。 消化吸収の脾やが弱くなっているので「脾弱ひよわ」を解消するようにキャベツで消化吸収を助けます。 ゆっくり噛んで食後は休息…

RT @tutiyak: 食べ過ぎ、飲み過ぎ、冷えなどお腹の不調にはキャベツの味噌汁! キャベツには消化酵素のビタミンUが粘膜の修復を助けます。 消化吸収の脾やが弱くなっているので「脾弱ひよわ」を解消するようにキャベツで消化吸収を助けます。 ゆっくり噛んで食後は休息…

Twitter omi_lovemaki maki_3jsb♥hiroomi♥

返信 リツイート 昨日 23:45

ピロリ菌を減らす食品とは

ピロリ菌を減らす食品とは ピロリ菌は胃の中に住みつき、胃がんや消化性潰瘍の原因となることがあります。
50代以上の約7割以上が菌を保有していると言われており、強毒性と弱毒性があります。
症状がないまま過ごす方も多くいます。
ピロリ菌は除菌により駆除することができますが、食品からもピロリ菌を減らす効果が期待できます。
まず、ココアです。
ココアは遊離脂肪酸がありますが、この遊離脂肪酸が死滅させる効果があります。
また、梅肉エキスや乳酸菌LG21を含むヨーグルト、ブロッコリースプラウトにも減少効果があります。
ブロッコリースプラウトは1日1パックを3か月ほど食べると減少すると言われています。
この他にはわかめやモズクに含まれているフコダインがあります。
フコダインはヌルヌルしていることもあり継続して摂取すると胃の粘膜にフコダインが貼りつき、ピロリ菌を取り込み吸収した後体外に排出することができます。
食品からも菌を減らすことができますが、除菌することはできません。
あくまで補助的や役割と思うことが大事です。

発酵乳製品におけるピロリ菌への抵抗性について

胃酸が存在する過酷な環境下でも生育し、胃の粘膜に炎症を齎したりする厄介な存在がピロリ菌です。
近年は発癌との関係も指摘され、医学的に投薬による除菌療法を行うケースも一般化して来ました。
こうしたピロリ菌に対して、実は日常から摂取出来る食材の中に対抗して数を減らしてくれるものがあります。
それが発酵した乳製品で、発酵の元となる一部の乳酸菌がその効用を齎しています。
実際にピロリ菌を保有する人に対し、乳酸菌の1つであるビフィズス菌の特定株を含んだヨーグルトを毎日摂取して貰ったところ、数週間後には菌数が減少していたという研究結果もあります。
乳酸菌には胃の組織自体の回復にも寄与する事が解っており、除菌とは行かないものの悪影響を抑えるには充分な効果があるものと考えられます。
最近では前述の除菌療法において発酵乳製品摂取を併用するケースも増加しており、除菌率の向上にも繋がっています。
菌の存在や其れによる症状が見られる事が既に解っているような場合、発酵乳製品を積極的に日常に摂り入れて置くのも望ましい選択であると言えます。

Copyrignt(c) 2015 ピロリ菌戦線 All rights reserved.