ピロリ菌戦線

ピロリ菌に感染しないために

新着情報

◎2017/5/7

ピロリ菌のリスク
の情報を更新しました。

「胃 粘膜」
に関連するツイート
Twitter

ストレスは粘膜からの粘液の分泌を抑制するんだ。

Twitter ouyou_eiyoubot 応用栄養学bot - 6分前

リツイート 返信

ドラッグストアだと[2]類までしか扱わないのね… ロキソニンはよく効くけど、薬局で買っている人は粘膜保護ってどうしているのかな? 医師の処方ならムコスタなど一緒にでるけど。

Twitter noranyan2000 noraneko (のら猫) - 12:25

リツイート 返信

@youri9090 @ojisamaparadise @yumeakananoda 横リプ失礼~! 粘膜の保護なら牛乳もいいよ🐮

Twitter f526m1579 美翠(みすい)本日審神者2周年 - 10:56

リツイート 返信

熱いものも辛いものも苦手なシゲちゃんはお口の粘膜が弱いんだね。かわいい。すぐに肌荒れしちゃうのもとかの粘膜が弱いせいかなと思うので健康オタクなのは必然なのかもしれない

Twitter ayamst アヤ🔥炎の転校生11.10 - 10:30

リツイート 返信

☆口での消化 でんぷん 耳下腺:αアミラーゼ 舌下腺:ムチン ☆での消化 たんぱく質 (主細胞:ペプシノーゲン 壁細胞:酸、内因子 副細胞:ムチン) ペプシノーゲンは、酸の作用でペプシンになる。 内因子は、回腸でのV.B12の吸収に必要。 ムチンは粘膜を保護する。

Twitter mikenekomii_bot 苦手克服bot - 10:24

リツイート 返信

昨日は 私のおすすめに にもたれない焼肉 大阪から藤井先生がいらして 打ち合わせ 姿勢咬合の過去にやってきたセミナーの内容が今頃一つずつセミナーになっていると たしかにすでに900を超えるメソッド作ってきたから 部分は全身と 全身は部分から と言う見方ができるのは 姿勢咬合だけかも 足からの姿勢もあるけど 口腔に反映されている 口腔内ポリュームの どこが 動かなくてどこが動きすぎているのか は全身からの...

Facebook 川邉 研次 - 10:10

特に今日は風が強くてなんか酷かった…。鼻の粘膜が刺激されて鼻呼吸しずらくて頭が痛くなり、口呼吸もに空気圧を感じて苦しくて息できなくなり、冷や汗で暑いけど寒気があるという状態…。一瞬風邪かと思った…。空気の流れのない電車の中に入ったら落ち着いたので、全ては冷たい風のせい。

Twitter tokito_a 時斗@人生楽あれば苦あり - 9:32

リツイート 返信

飼育がしやすく手間も少ないなめこにはムチンという成分が豊富に含まれていて粘膜が保護されるしナイアシンもとれる|┓・з・|┐

Twitter xxtoshihiroxx ♪HIRO♪ bot - 9:21

リツイート 返信

キャベツに含まれるビタミンUとK。ビタミンUは腸の粘膜修復に必要なたんぱく質の合成を促進するので新陳代謝を活発化して、や十二指腸の潰瘍を修復もすればその発生を抑制する働きがあるそうです。

Twitter kyabetu__bot 夜になると叫び出すキャベツbot - 8:11

リツイート 返信

ヒスタミンはヒスチジンから生成されるよ!ヒスタミンは肥満細胞、好塩基球、粘膜細胞に存在し、即時アレルギーや酸分泌に作用するんだ。

Twitter jintai_kinoubot 人体の構造と機能bot - 7:10

リツイート 返信

ピロリ菌を減らす食品とは

ピロリ菌を減らす食品とは ピロリ菌は胃の中に住みつき、胃がんや消化性潰瘍の原因となることがあります。
50代以上の約7割以上が菌を保有していると言われており、強毒性と弱毒性があります。
症状がないまま過ごす方も多くいます。
ピロリ菌は除菌により駆除することができますが、食品からもピロリ菌を減らす効果が期待できます。
まず、ココアです。
ココアは遊離脂肪酸がありますが、この遊離脂肪酸が死滅させる効果があります。
また、梅肉エキスや乳酸菌LG21を含むヨーグルト、ブロッコリースプラウトにも減少効果があります。
ブロッコリースプラウトは1日1パックを3か月ほど食べると減少すると言われています。
この他にはわかめやモズクに含まれているフコダインがあります。
フコダインはヌルヌルしていることもあり継続して摂取すると胃の粘膜にフコダインが貼りつき、ピロリ菌を取り込み吸収した後体外に排出することができます。
食品からも菌を減らすことができますが、除菌することはできません。
あくまで補助的や役割と思うことが大事です。

発酵乳製品におけるピロリ菌への抵抗性について

胃酸が存在する過酷な環境下でも生育し、胃の粘膜に炎症を齎したりする厄介な存在がピロリ菌です。
近年は発癌との関係も指摘され、医学的に投薬による除菌療法を行うケースも一般化して来ました。
こうしたピロリ菌に対して、実は日常から摂取出来る食材の中に対抗して数を減らしてくれるものがあります。
それが発酵した乳製品で、発酵の元となる一部の乳酸菌がその効用を齎しています。
実際にピロリ菌を保有する人に対し、乳酸菌の1つであるビフィズス菌の特定株を含んだヨーグルトを毎日摂取して貰ったところ、数週間後には菌数が減少していたという研究結果もあります。
乳酸菌には胃の組織自体の回復にも寄与する事が解っており、除菌とは行かないものの悪影響を抑えるには充分な効果があるものと考えられます。
最近では前述の除菌療法において発酵乳製品摂取を併用するケースも増加しており、除菌率の向上にも繋がっています。
菌の存在や其れによる症状が見られる事が既に解っているような場合、発酵乳製品を積極的に日常に摂り入れて置くのも望ましい選択であると言えます。

Copyrignt(c) 2015 ピロリ菌戦線 All rights reserved.