ピロリ菌戦線

ピロリ菌に感染しないために

新着情報

◎2017/5/7

ピロリ菌のリスク
の情報を更新しました。

「ピロリ リスク」
に関連するツイート
Twitter

RT @kumagai_chiba: 昨年度、千葉市が開始した胃がんリスク検査(ピロリ菌検査)で8,240人が受診し、1,168人が要精密検査と判定され、そのうち280人が8月末時点で除菌を完了されていることを先ほどの代表質疑で答弁。胃がん発生リスクの軽減や次世代への感染予防に…

TwitterNANCY-MOON🎸お殿様ちゃん🎸@nancy_moon_703

返信 リツイート 13:01

結果が出た〜 胃のリスク検診→ピロリ菌なし、胃がんになる可能性はとても低いとの事。 (…血液検査だけでわかるのぉ?) マンモグラフィ→石灰化ありだってぇ😱 良性と考えられます、らしいけどエコー検査も行った方がいいのかな…

本日、お隣の武蔵村山市の講演会に、参議院議員の秋野公造さんが講師でいらっしゃったそうです!国政における胃がんリスク検査、ピロリ菌検査を推進してきた第一人者です。私も行きたかったな〜( ´ ▽ ` ) facebook.com/kenji.nakama.9…

Twitter中間建二 なかまけんじ@minnanonakama

返信 リツイート2 昨日 22:48

RT @sinderera269: ベルソムラを定期内服しているみなさーん!ピロリ菌の除菌時は一時休薬しましょうねー(^-^) ボノサップで処方されると併用禁忌を見逃しそう! 消化器内科でも注意をして頂きたい案件 ベルソムラが効きすぎて持ち越し効果や日中の傾眠などのリスクが上が…

ピロリ菌とかの胃ガンリスク検査、行政からの助成対象は41歳以上か…

今のところ副作用はお腹がゆるくなる程度だが、場合によっては発疹やら発熱やらもあるとか。ただ、いろんなリスクも減らせるから、ピロリ菌退治はしたほうがよいのではなかろうか。

堀江さんが胃がんは防げると発言したことは大略正しい。後輩の内科Drにも確認したが、現在ではピロリ菌の存在しない環境下で胃がんの発生するリスクは極めて低いと言って間違いはない。 医学的な常識も日進月歩で変遷するし、発信力のある人が正しい知識を広めるならば啓蒙の意義はあるだろう。 twitter.com/takapon_jp/sta…

Twitterトリックスター リオ(高山リオ)@Leo6969

返信 リツイート2 9/23(日) 19:37

【知っておきたい対処方法】「胃がんリスク検診(ABC検診)について」ピロリ菌と胃がんの関係が深いことから、「胃がんリスク検診(ABC検診)」が推奨されています・・・ pylori-kin.net/care/01-3.php #ピロリ #ABC検診

区の胃がんリスク検査を先週受け、本日結果を聞きに行ったのですが、何とB判定で、精密検査が必要となりました。胃がんの原因となるピロリ菌に感染している可能性があり、胃カメラで胃を見る必要があるようです。最初は戸惑いましたが、調べたら、早期に除菌してしまえばよいようですね。

Twitter旨安ワイン+イクメン+α=?@japaneseinbosto

返信 リツイート 9/22(土) 23:12

RT @sayurinnn0905: @takapon_jp ピロリ菌陽性で鳥肌胃炎でした。27歳の時に発覚し除菌。 医者からも将来的にスキルスになるリスクがかなり高い胃炎で原因はほぼピロリ菌だと言われました。 鳥肌胃炎は若い方、特に若年女性に多い胃炎です。きちんと除菌すればガ…

ピロリ菌のリスクはどのようなものなのか

ピロリ菌のリスクはどのようなものなのか ピロリ菌とは、胃の粘膜に生息しているらせん形をした細菌のことを言います。
従来胃には遺産があるため菌は存在しないと考えられていましたがピロリ菌が胃炎や胃潰瘍などの胃の病気に深く関っていることがわかるようになってきました。
子供の頃に、一度感染すると多くの場合は薬などを使って除菌しない限り胃の中に棲みつづけます。
感染すると炎症が続きますが、この段階では、症状のでない人がほとんどとされています。
ピロリ菌が体内にいることでリスクがあるとされている病気は以下のようなものが挙げられています。
慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどです。
他にも関係してくる病気はたくさんありますが大きく考えてこの4種類になってきます。
すべてがこの菌が原因で起きているわけではありませんが、病気が発症の引き金になっていることは確かです。
このような病気が起こるのはこの菌のせいだとは言えませんがこの菌が引き金になる場合は少なくありません。
病気にになる前に病気になってしまうかもしれないリスクを少しでも下げるためにピロリ菌の除去は有効な方法になりますね。

適切な治療を受ければピロリ菌でも安心

ヘリコバクター・ピロリ菌は胃がんの原因となる細菌として、近年知られるようになりました。
胃がんはもちろんですが、その他に慢性胃炎なども引き起こし、日本人の50代以上に感染している人が多いと言われています。
ピロリ菌は感染しているかどうかは検査を受ける事によって知る事ができます。
重大な病気を引き起こす原因でもある為、感染したと聞くと驚き不安にもなりますが、現在では適切な治療を受ける事により除菌する事が出来ます。
ピロリ菌の除去方は幾つかあり、内服による治療が一般的です。
体質によっては再度除菌する必要がありますが、大半の人は最初の治療で除菌できます。
ただし飲み間違いや飲み忘れによって除菌がしっかり行われない可能性も高くなるので、指示された通りの用法・用量を守る事が大切です。
菌に感染しているのに気付かず、後々に重大な病気を患ってからでは遅いので、今のうちから病院で検査を受け、治療を行っておくと安心です。

Copyrignt(c) 2015 ピロリ菌戦線 All rights reserved.