ピロリ菌戦線

ピロリ菌に感染しないために

新着情報

◎2017/5/7

ピロリ菌のリスク
の情報を更新しました。

「ピロリ リスク」
に関連するツイート
Twitter

ピロリ菌のリスクはどのようなものなのか

ピロリ菌のリスクはどのようなものなのか ピロリ菌とは、胃の粘膜に生息しているらせん形をした細菌のことを言います。
従来胃には遺産があるため菌は存在しないと考えられていましたがピロリ菌が胃炎や胃潰瘍などの胃の病気に深く関っていることがわかるようになってきました。
子供の頃に、一度感染すると多くの場合は薬などを使って除菌しない限り胃の中に棲みつづけます。
感染すると炎症が続きますが、この段階では、症状のでない人がほとんどとされています。
ピロリ菌が体内にいることでリスクがあるとされている病気は以下のようなものが挙げられています。
慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどです。
他にも関係してくる病気はたくさんありますが大きく考えてこの4種類になってきます。
すべてがこの菌が原因で起きているわけではありませんが、病気が発症の引き金になっていることは確かです。
このような病気が起こるのはこの菌のせいだとは言えませんがこの菌が引き金になる場合は少なくありません。
病気にになる前に病気になってしまうかもしれないリスクを少しでも下げるためにピロリ菌の除去は有効な方法になりますね。

適切な治療を受ければピロリ菌でも安心

ヘリコバクター・ピロリ菌は胃がんの原因となる細菌として、近年知られるようになりました。
胃がんはもちろんですが、その他に慢性胃炎なども引き起こし、日本人の50代以上に感染している人が多いと言われています。
ピロリ菌は感染しているかどうかは検査を受ける事によって知る事ができます。
重大な病気を引き起こす原因でもある為、感染したと聞くと驚き不安にもなりますが、現在では適切な治療を受ける事により除菌する事が出来ます。
ピロリ菌の除去方は幾つかあり、内服による治療が一般的です。
体質によっては再度除菌する必要がありますが、大半の人は最初の治療で除菌できます。
ただし飲み間違いや飲み忘れによって除菌がしっかり行われない可能性も高くなるので、指示された通りの用法・用量を守る事が大切です。
菌に感染しているのに気付かず、後々に重大な病気を患ってからでは遅いので、今のうちから病院で検査を受け、治療を行っておくと安心です。

Copyrignt(c) 2015 ピロリ菌戦線 All rights reserved.