ピロリ菌戦線

ピロリ菌に感染しないために

新着情報

◎2017/5/7

ピロリ菌のリスク
の情報を更新しました。

「ピロリ リスク」
に関連するツイート
Twitter

【知っておきたい対処方法】「胃がんとピロリ菌の除菌について」すでにピロリ菌を持っている人は、胃がんになるリスクを減らすことはできないのでしょうか。 2004年の消化器学会・・・ pylori-kin.net/care/01-1.php #ピロリ #胃がん

Twitter pylori_kin_net ピロリ菌ネット

返信 リツイート 55分前

2週間ほど前に頼んだ「胃がんリスク検査キット」が届いた。自分で採血し返送するとピロリ菌の抗体や食道の炎症等わかるらしく結果を見て悪ければ病院へ行って精密検査するといいらしい。 ところで私、先日調子悪くて予約した胃カメラが今度あるのだけどこの検査キットっていつ使えばいいのでせうかね?

胃がん患者の99%は「ピロリ菌」感染により「がん」が発症しています。 また「ピロリ菌」に感染していても「除菌治療」をすれば 胃がんになるリスクが減ることもわかっています。 #早期発見

Twitter jun_waku2don2 JunJun@夢を叶える

返信 リツイート 昨日 17:15

たとえば抗凝固の文脈では、CHADS系、HASBLED、ピロリ、大腸ガンリスクなど情報を揃えて、患者さんにプロスペクト理論などの損失回避バイアスを理解してもらってから、初めて議論が始まるイメージ

Twitter sajinajimu 佐治なじむ

返信 リツイート 昨日 14:46

乳酸菌の種類と気になる効果☆ 【LG21】 「リスクと戦う乳酸菌」のっキャッチフレーズでおなじみ☆ 胃の中で生きる力が強いのが最大の特徴で、胃や十二指腸など、おなかの病気の原因になるピロリ菌に働きかける。

Twitter TyouDetox 腸デトックス♡でキレイに!

返信 リツイート 昨日 8:29

胃カメラの結果、僕のお腹の中にはピロリ菌がおりました。プラス胃炎やらなんやらで胃がんリスクファクターがいくつもあるので、気をつけるようにと。なんだかんだで歳とったなぁ笑

Twitter i_iton 伊藤駿/Shun ITO

返信 リツイート 5/23(水) 21:38

胃カメラ終わりー。きつかったな。でもポリープ良性のやつ一個くらいで、ピロリ菌もなく、胃がんリスクは低い綺麗な胃だそうで良かった。

ピロリ菌 Q&A】「ピロリ菌の除菌薬が強すぎて胃潰瘍になるなどのリスクはありますか?」→pylori-kin.net/question/q7.php #ピロリ #除菌

Twitter pylori_kin_net ピロリ菌ネット

返信 リツイート 5/23(水) 13:00

返信先:@magnolia_sachet他1人 私、胃にポリープもあるからけっこうハイリスクだよ。( ; _ ; ) ピロリにとっては居心地がいいのかもしれないけど。 除菌の薬は外国のサプリメントみたいに大きくて飲みにくかったよ。 また飲むのイヤだな。(~_~;)

Twitter MNekonya nekonya(ФωФ)m

返信 リツイート 5/22(火) 0:56

健康診断にオプションでピロリ菌検査追加。採血と一緒にできるから追加コスト2000円。胃癌のリスク抑えられるのにやらない人もいるんだから人間はやはり「部分的」に経済合理的な生生物。ホリエモンのピロリ菌やばいと、カーネマンのファスト&スロー読むべし ピロリ菌やばい amazon.co.jp/dp/4814920032/… pic.twitter.com/nC10rawyHU

Twitter skogaku ワタナベカズキ@僕は愛ではなく就活を証明しよう

返信 リツイート 5/21(月) 21:40

ピロリ菌のリスクはどのようなものなのか

ピロリ菌のリスクはどのようなものなのか ピロリ菌とは、胃の粘膜に生息しているらせん形をした細菌のことを言います。
従来胃には遺産があるため菌は存在しないと考えられていましたがピロリ菌が胃炎や胃潰瘍などの胃の病気に深く関っていることがわかるようになってきました。
子供の頃に、一度感染すると多くの場合は薬などを使って除菌しない限り胃の中に棲みつづけます。
感染すると炎症が続きますが、この段階では、症状のでない人がほとんどとされています。
ピロリ菌が体内にいることでリスクがあるとされている病気は以下のようなものが挙げられています。
慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどです。
他にも関係してくる病気はたくさんありますが大きく考えてこの4種類になってきます。
すべてがこの菌が原因で起きているわけではありませんが、病気が発症の引き金になっていることは確かです。
このような病気が起こるのはこの菌のせいだとは言えませんがこの菌が引き金になる場合は少なくありません。
病気にになる前に病気になってしまうかもしれないリスクを少しでも下げるためにピロリ菌の除去は有効な方法になりますね。

適切な治療を受ければピロリ菌でも安心

ヘリコバクター・ピロリ菌は胃がんの原因となる細菌として、近年知られるようになりました。
胃がんはもちろんですが、その他に慢性胃炎なども引き起こし、日本人の50代以上に感染している人が多いと言われています。
ピロリ菌は感染しているかどうかは検査を受ける事によって知る事ができます。
重大な病気を引き起こす原因でもある為、感染したと聞くと驚き不安にもなりますが、現在では適切な治療を受ける事により除菌する事が出来ます。
ピロリ菌の除去方は幾つかあり、内服による治療が一般的です。
体質によっては再度除菌する必要がありますが、大半の人は最初の治療で除菌できます。
ただし飲み間違いや飲み忘れによって除菌がしっかり行われない可能性も高くなるので、指示された通りの用法・用量を守る事が大切です。
菌に感染しているのに気付かず、後々に重大な病気を患ってからでは遅いので、今のうちから病院で検査を受け、治療を行っておくと安心です。

Copyrignt(c) 2015 ピロリ菌戦線 All rights reserved.