ピロリ菌戦線

ピロリ菌に感染しないために

新着情報

◎2017/5/7

ピロリ菌のリスク
の情報を更新しました。

「胃 免疫」
に関連するツイート
Twitter

「おかゆダイエット」の健康効果が凄い!や腸の働きと血行を改善して代謝、免疫力、脂肪燃焼効率をアップ!冷え、むくみ、風邪などの予防に効く! healthfitnessbeautydiet.com/blog-entry-748....

Facebook 高坂 育子 - 48分前

茶色いバナナは、免疫活性/潰瘍抑制に効果があるんだって

「おかゆダイエット」の健康効果が凄い!や腸の働きと血行を改善して代謝、免疫力、脂肪燃焼効率をアップ!冷え、むくみ、風邪などの予防に効く! healthfitnessbeautydiet.com/blog-entry-748....

Facebook 白川清実 - 8:03

「おかゆダイエット」の健康効果が凄い!や腸の働きと血行を改善して代謝、免疫力、脂肪燃焼効率をアップ!冷え、むくみ、風邪などの予防に効く! healthfitnessbeautydiet.com/blog-entry-748....

Facebook 神谷宏 - 7:02

...を主食としている私たち日本人にとって、欠かすことのできない野菜であると言えるでしょう。 ほかにも、大根の皮の部分に多く含まれているビタミンCは、強い抗酸化作用や免疫力を高める働きがあるため、がんを予防したりの粘膜が萎縮するのを抑える効果あります。 消化酵素やビタミンCは、加熱に弱く空気に触れると効果が損なわれてしまうのでより効果的な食べ方をご紹介します👍! 【ジアスターゼ...

Facebook 今井 美和 - 5:11

...度眠、リンダが  "ほら、とっても美味しいパン買ってきたから!” ギヨッである!  みれば巨大な?揚げパンのなかに、握り拳大のクリームがドカンと入っている。有り難くいただき一口食べとろけた、が 私ので半分が限界だった。 これを平気で行ける袋があるらしい。 今日の昼から、日本人の交換教師に会う。 いつ会える?土曜日があいている、決めると、でも忙しい、すこしだけなら、どこか否定的。 でも会おうと...

Facebook Shigeko Okada - 4:50

の3/2を失い、家じゃ発言権までも失ってる今日この頃。悔しくて泣けて来るよ。でも負けてたまるか精神で頑張るさ!こんな時間に考えても仕方ない、寝ないと体に良くない。免疫力下げないようにしなきゃ、だからね。おやすみなさい。

Twitter Nicho_dayo_n ニコ=Nicho≠ニチョ - 2:50

リツイート 返信

茶色いバナナは、免疫活性/潰瘍抑制に効果があるんだって

Twitter oparrru オパール - 2:45

リツイート 返信

...増えることも分かっています(チェコレポートなどが有名)。ちなみにCTだけでなく造影検査でものバリウム検査でもPETでも、非常に高線量の被爆であることは常識です。チェルノブイリを...するでしょう。そのような病気に関することは高汚染エリアなら事故の翌年から発生し、低汚染エリアなら4~5年後から発生してきます。一番わかりやすいのが甲状腺がんですが放射能の問題は甲状腺がん...

Facebook 杉浦 健一 - 2:43

年に数える程も使わないせいで体温計がどこにあるのかわからない。不便。がおかしいので食あたりかもと思ってたけど、関節痛やら発熱(?)あるので風邪かなー🤧 急にめばちこ出来たのも免疫が弱ってる予兆だったのかも。

Twitter moonko0 月子 - 1:06

リツイート 返信

ピロリ菌は除去可能です

ピロリ菌は除去可能です 胃の調子が悪い場合は、ストレスを考えがちですが、実はピロリ菌が影響している可能性があるのです。
ピロリ菌は胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんを引き起こす原因のひとつとして知られています。
ピロリ菌は胃から発見された細菌で、数本のベン毛を持っていることが特徴的で、免疫機能ができていない子供の頃に感染する可能性が高いです。
菌としては弱いものですが、胃の粘膜に侵入するとアンモニアを産生し、その状態が長く続くと炎症を繰り返して慢性胃炎になってしまうのです。
ピロリ菌を病院で除去することが可能で、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎に対して健康保険が適用されるため、胃の調子が悪い場合は病院で検査をうけ、ピロリが原因の場合は除去することが良い選択です。
感染しているかは病院で検査をうけ、内視鏡検査で胃の中を診察し、陽性の判断で胃酸の分泌を抑える薬と2種類の抗生物質を7日間服用し除菌します。
治療を終了してから8週間後に再度検査をし、除菌されたかを判定します。
ここで陽性になった場合は再度二次除菌を行ない、この二次除菌までが保険適用になります。

ピロリ菌を除菌する薬

今や日本人の半数は保持するといわれているピロリ菌ですが、一度、腸内に発見されると除菌しない限り一生、腸の中で生き続けてしまいます。
放置しておくと胃や腸の病気の原因になりかねませんので、早めの治療が必要になります。
ピロリ菌の除菌には、主に3種類の薬が使用されます。
まず、胃酸の分泌を抑え、抗生物質の効果を高める薬です。
代表的なものとしては、ランソプラゾールやラベプラゾールナトリウムなどです。
次に、様々な細菌の発育を抑える薬としてアモキシシリンなどです。
最後に、クラリスロマイシンやメトロニダゾールといったピロリ菌などによる抗菌作用を高める薬です。
ピロリ菌を除菌に導くためには、その人それぞれの体内環境にもよるので、場合によっては、人によって出される組み合わせが違うこともあります。
一日、2回朝食ごと夕食後に服用し、一週間ほど続けて飲むことが大切です。
抗生物質により、下痢の症状が出る場合がありますが、ひどい時は医師に一度相談しましょう。

Copyrignt(c) 2015 ピロリ菌戦線 All rights reserved.