ピロリ菌戦線

ピロリ菌に感染しないために

新着情報

◎2017/5/7

ピロリ菌のリスク
の情報を更新しました。

「胃 免疫」
に関連するツイート
Twitter

9/25(火)の #カラダ応援定食 たっぷり野菜の回鍋肉 ◎豚肉:疲労回復、身体を潤す効果 ◎キャベツ:と腎の働きを良くする ◎しめじ:免疫力UP。風邪予防、血中コレステロール↓ ◎ピーマン:風邪予防・疲労回復・肌荒れなど ◎長ネギ:消炎・解熱作用 など #ナカノバ #薬膳料理 #中野ランチ pic.twitter.com/BsGsL9KQ5H

Twitterナカノバ食堂@nakanoba

返信 リツイート 12:01

【巨赤芽球性貧血(2)】治療はビタミンB12、または葉酸を補充する。筋注が推奨されていたが、多くの場合内服でも問題ないことが近年の研究で分かってきた。自己免疫性のビタミンB12欠乏では癌の頻度が高いので、カメラを行った方が良い。

空腹時、液が減少している時に、多種多様な腸内細菌を入れると、で分解されることが少なく、70%以上免疫が集中していると言われている腸内環境が変化します。

🍌バナナの色別効能🍌 黄色いバナナ=アンチエイジングや健康維持 青めのバナナ=整腸効果 茶色いバナナ=免疫活性/潰瘍抑制

Twitter美容整形フロント@viyoubeauty

返信 リツイート 7:28

発酵ドリンク、88種類の1つ 【パセリ】 (効果) ・高血圧 ・むくみ ・冷え ・潰瘍 ・免疫力アップ ・アレルギー ・美肌 ・貧血 ・生活習慣病 ・抗酸化作用 など…。 ※本やネットを参考に書き出しました☆ #発酵 #健康 #オーガニック #酵素

返信先:@mint3723 マヌカハニーは免疫機能にも良いし、が痛い時もいいですよ。抗菌作用があるみたいで私も高いから薬みたいな役目で購入しています😅本当ノド痛めたら辛いですね😭早く良くなりますように

口の端が切れると「が悪い」と言われるのですが因果関係が分からなくて... “腸が弱まると、が「熱」を生じ、その熱が口元を乾かして口角が切れて口角炎となる”と中医学では言われるそうな。西洋医学では、の不調、免疫低下、偏食、乾燥、かぶれなど。

【バナナは色によって栄養が変わる!】■青めバナナには整腸効果 便秘解消に期待!■黄色バナナは美肌&アンチエイジング効果■茶色バナナは免疫力UPに! 潰瘍の予防にも☆

Gastric carcinoma with lymphoid stroma(GCLS)の90%がEBV感染による。浸潤リンパ球の多くはCD8陽性で、EBVの免疫原性に反応するリンパ球が多い。通常型癌が下部に多いのに対し(だから幽門側切除がある)、GCLSは上部に多い

豊富な栄養素によるモロヘイヤの健康効果には、免疫の活性化、がんや老化の予防、骨粗鬆症の予防、粘膜の保護、疲労回復、高血圧予防、精力増強作用、貧血の予防など様々な効能が挙げられています。

ピロリ菌は除去可能です

ピロリ菌は除去可能です 胃の調子が悪い場合は、ストレスを考えがちですが、実はピロリ菌が影響している可能性があるのです。
ピロリ菌は胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんを引き起こす原因のひとつとして知られています。
ピロリ菌は胃から発見された細菌で、数本のベン毛を持っていることが特徴的で、免疫機能ができていない子供の頃に感染する可能性が高いです。
菌としては弱いものですが、胃の粘膜に侵入するとアンモニアを産生し、その状態が長く続くと炎症を繰り返して慢性胃炎になってしまうのです。
ピロリ菌を病院で除去することが可能で、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎に対して健康保険が適用されるため、胃の調子が悪い場合は病院で検査をうけ、ピロリが原因の場合は除去することが良い選択です。
感染しているかは病院で検査をうけ、内視鏡検査で胃の中を診察し、陽性の判断で胃酸の分泌を抑える薬と2種類の抗生物質を7日間服用し除菌します。
治療を終了してから8週間後に再度検査をし、除菌されたかを判定します。
ここで陽性になった場合は再度二次除菌を行ない、この二次除菌までが保険適用になります。

ピロリ菌を除菌する薬

今や日本人の半数は保持するといわれているピロリ菌ですが、一度、腸内に発見されると除菌しない限り一生、腸の中で生き続けてしまいます。
放置しておくと胃や腸の病気の原因になりかねませんので、早めの治療が必要になります。
ピロリ菌の除菌には、主に3種類の薬が使用されます。
まず、胃酸の分泌を抑え、抗生物質の効果を高める薬です。
代表的なものとしては、ランソプラゾールやラベプラゾールナトリウムなどです。
次に、様々な細菌の発育を抑える薬としてアモキシシリンなどです。
最後に、クラリスロマイシンやメトロニダゾールといったピロリ菌などによる抗菌作用を高める薬です。
ピロリ菌を除菌に導くためには、その人それぞれの体内環境にもよるので、場合によっては、人によって出される組み合わせが違うこともあります。
一日、2回朝食ごと夕食後に服用し、一週間ほど続けて飲むことが大切です。
抗生物質により、下痢の症状が出る場合がありますが、ひどい時は医師に一度相談しましょう。

Copyrignt(c) 2015 ピロリ菌戦線 All rights reserved.