ピロリ菌戦線

ピロリ菌に感染しないために

新着情報

◎2017/5/7

ピロリ菌のリスク
の情報を更新しました。

「胃 免疫」
に関連するツイート
Twitter

...している女性にとって、プロラクチン値が高いのは、排卵障害など妊娠の妨げになっている可能性があります。 なぜ高プロラクチン値になるかというと、①脳の下垂体腫瘍②内分泌疾患③ピル、潰瘍、抗うつ薬、降圧剤などの長期服用による場合、他にも甲状腺機能低下症、流産などの原因があります。 プロラクチンが分泌される下垂体前葉は、他にも6種のホルモンが分泌されており、なかでも黄体形成ホルモン...

...ホルモンや新陳代謝・排泄(代謝酵素)に至るまでを常に酵素が働いてサポートしています。 酵素は外部から摂り入れても消化酵素や代謝酵素の代わりとして働くことはできません。しかし、本格的な消化活動の始まる前にの上部で『事前消化』として働き、その後の消化酵素の働きを軽減し、体内で作成した酵素をより多く代謝酵素として使う事が出来ます。 酵素を摂取することで、消化酵素に使われる分が少なくなり、より多くの...

悩みすぎてが痛い... どうもここんとこバイキンマンにやられすぎて免疫がさがって何度もバイキンマンに殺られかけてるおねぇです( ˙-˙ ) おぱよう_( _´ω`)_

Twitter cat_nana_0606 おねぇ🐈@おねぇこ

返信 リツイート 5:44

空腹時、液が減少している時に、多種多様な腸内細菌を入れると、で分解されることが少なく、70%以上免疫が集中していると言われている腸内環境が変化します。

Twitter 35849kaiun 三合堂

返信 リツイート 0:24

大学院生のわい →突発性難聴、帯状疱疹、自律神経失調症、ヘルペス、ストレス性潰瘍 いまのわい →にきび 『研究室、免疫不全説浮上』

Twitter jessicacacan よしか。

返信 リツイート 0:14

返信先:@a_ya86 免疫出来ちゃうよねぇ…。潰瘍用の薬を何種類か処方されて飲んだけど合わなくて吐いちゃうし😰 人間の体ムズカシイネ…………🤔

最近が悪いからダノン買った そして色々原因を探ってみた まずGWとその後のやけ酒 やけ酒で免疫が落ちたときに来た風邪 さてさて

14、笹エキス(β-グルカンエキス)(健康免疫サポート)*たくさんの熊笹より抽出とっても濃ゆいエキスです!口内やや腸の弱い方やお悩みの方、又、術後にも!日本制がん研究所製です。1包より送料無料!! myojudoshop.com/items/59a43b87… @stores_jp

豊富な栄養素によるモロヘイヤの健康効果には、免疫の活性化、がんや老化の予防、骨粗鬆症の予防、粘膜の保護、疲労回復、高血圧予防、精力増強作用、貧血の予防など様々な効能が挙げられています。

Twitter koi_ni_kiku 恋に効く💖モテ美容メモ

返信 リツイート 昨日 18:09

返信先:@the_Vambi 無茶なダイエットは免疫力を下げるので体調が悪くなりやすいみたいですよ。緑茶もを荒らしたりする時があるので気をつけて下さい┏○ペコ

Twitter skn31 ゆきえ微熱39℃

返信 リツイート 昨日 15:18

ピロリ菌は除去可能です

ピロリ菌は除去可能です 胃の調子が悪い場合は、ストレスを考えがちですが、実はピロリ菌が影響している可能性があるのです。
ピロリ菌は胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんを引き起こす原因のひとつとして知られています。
ピロリ菌は胃から発見された細菌で、数本のベン毛を持っていることが特徴的で、免疫機能ができていない子供の頃に感染する可能性が高いです。
菌としては弱いものですが、胃の粘膜に侵入するとアンモニアを産生し、その状態が長く続くと炎症を繰り返して慢性胃炎になってしまうのです。
ピロリ菌を病院で除去することが可能で、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎に対して健康保険が適用されるため、胃の調子が悪い場合は病院で検査をうけ、ピロリが原因の場合は除去することが良い選択です。
感染しているかは病院で検査をうけ、内視鏡検査で胃の中を診察し、陽性の判断で胃酸の分泌を抑える薬と2種類の抗生物質を7日間服用し除菌します。
治療を終了してから8週間後に再度検査をし、除菌されたかを判定します。
ここで陽性になった場合は再度二次除菌を行ない、この二次除菌までが保険適用になります。

ピロリ菌を除菌する薬

今や日本人の半数は保持するといわれているピロリ菌ですが、一度、腸内に発見されると除菌しない限り一生、腸の中で生き続けてしまいます。
放置しておくと胃や腸の病気の原因になりかねませんので、早めの治療が必要になります。
ピロリ菌の除菌には、主に3種類の薬が使用されます。
まず、胃酸の分泌を抑え、抗生物質の効果を高める薬です。
代表的なものとしては、ランソプラゾールやラベプラゾールナトリウムなどです。
次に、様々な細菌の発育を抑える薬としてアモキシシリンなどです。
最後に、クラリスロマイシンやメトロニダゾールといったピロリ菌などによる抗菌作用を高める薬です。
ピロリ菌を除菌に導くためには、その人それぞれの体内環境にもよるので、場合によっては、人によって出される組み合わせが違うこともあります。
一日、2回朝食ごと夕食後に服用し、一週間ほど続けて飲むことが大切です。
抗生物質により、下痢の症状が出る場合がありますが、ひどい時は医師に一度相談しましょう。

Copyrignt(c) 2015 ピロリ菌戦線 All rights reserved.