ピロリ菌戦線

ピロリ菌に感染しないために

新着情報

◎2017/5/7

ピロリ菌のリスク
の情報を更新しました。

「ピロリ 胃酸」
に関連するツイート
Twitter

【胃潰瘍】胃の粘膜保護作用が低下することで、胃酸が胃を傷害し潰瘍を形成する疾患。70%がピロリ菌によるものとされ、残りの殆どはNSAIDsによる薬物投与が原因。胃痛、吐血、下血などの症状がみられる。治療は胃酸分泌抑制やピロリ菌の除菌が行われる。

福井のご当地グルメは食えないだろう だって #機能性ディスペプシア だから~ 説明しよう、機能性ディスペプシアとは、胃に穴も空いてないピロリもいない何も問題無いのに、胃もたれ胃痛胃重胃酸過多など毎日胃薬と友達にならざるを得ない病気だ! ゲッソリ痩せるぞ~

【胃潰瘍】胃の粘膜保護作用が低下することで、胃酸が胃を傷害し潰瘍を形成する疾患。70%がピロリ菌によるものとされ、残りの殆どはNSAIDsによる薬物投与が原因。胃痛、吐血、下血などの症状がみられる。治療は胃酸分泌抑制やピロリ菌の除菌が行われる。

返信先:@jasmin_k_1010 胃酸抑制剤7ヶ月飲み続けた後ピロリ検査したら陽性で、主治医に「この歳で陽性って、途上国にでもいってドブの水でも飲んだ?笑」って言われましたが…今思えば先生の出してた胃酸抑制剤のせいで感染しやすくなったんじゃないのかなって思いますよーもうー!😭

返信先:@jasmin_k_1010 もう本当に、時間を戻せるなら戻してやり直したいです😫ピロリ菌除菌もしたのですが、感染したのに胃酸抑制剤影響してるのかなってちょっと思いました… ありがとうございます!私も参考になる情報ありましたらその都度アップしますね🙇‍♀️ 色々共有してまたたくさん食べられるようになりましょう♪

【細菌】ピロリ菌です。胃に住んでいることで有名ですがウレアーゼでアンモニアを作って周囲の胃酸を中和して生活しています。日本ヘリコバクター学会というファンクラブがあります。胃十二指腸潰瘍や胃癌の原因になります goo.gl/oaxnGg pic.twitter.com/0SgQaMfgbD

Twitterばくてり~細菌擬人化bot~@bactery_bot

返信 リツイート 9/23(日) 16:20

ピロリ菌を除菌したあとは胃が元気になり、胃酸が逆流するため逆流性食道炎になる人もいます。

【胃潰瘍】胃の粘膜保護作用が低下することで、胃酸が胃を傷害し潰瘍を形成する疾患。70%がピロリ菌によるものとされ、残りの殆どはNSAIDsによる薬物投与が原因。胃痛、吐血、下血などの症状がみられる。治療は胃酸分泌抑制やピロリ菌の除菌が行われる。

胃のむかつき酷くて胃カメラしてきた。何も病気はなく胃酸の出すぎと胃の動きが悪いと。ピロリ菌も陰性でした!今日は嬉しくて食べすぎた( ̄∀ ̄) 太ってきてるのでダイエットしなあかんね\(^o^)/ でも食べれるって幸せ♡

返信先:@ms_ss_saviten37 友達が調べてくれたんだけど、ピロリ菌が無い人は 胃酸過多になりやすいそう…

ピロリ菌が胃酸に退治されない理由

ピロリ菌が胃酸に退治されない理由 ピロリ菌は口などから体内に侵入して、胃に入って住み着いてしまう菌です。
体の抵抗力が弱い子供のころに口などから入り込むことが多いとされています。
しかし私たちの胃の中には強い胃酸があるため、侵入してきた菌などはこの胃酸によって退治されるのですが、ピロリ菌はウレアーゼと呼ばれる酵素を分泌することができ、それによって胃の中の尿酸をアンモニアに変化させます。
アンモニアはアルカリ性であるため強い胃酸も中和されてしまうため、ピロリ菌はそのアンモニアでバリアをつくり自分を守ることができるため、胃の中に住み着くことができるのです。
また胃酸を分泌する胃粘膜細胞の中に直接自分が持っているたんぱく質を注入して胃粘膜を変化させることも出るため、胃の中に住み着きやすい状態を作ることができるのです。
ピロリ菌が胃の中に住み着いてしまうことによって、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどが発生する可能性が高くなってしまううことがあります。

ピロリ菌の感染経路とは

慢性胃炎や胃潰瘍、場合によっては胃がんなどを引き起こす恐れのある最近「ピロリ菌」は主に汚染された水や食べ物という感染経路によって人間の胃に住み着きます。
特に身体の免疫力が低い幼少期に汚染された水や食べ物などに触れると感染しやすく、大人になってからとは確率が大きく変わるのが特徴です。
仮に成人男性が大量のピロリ菌を口から摂取したとしても、急性胃炎を発症するだけで胃には定着しないといわれているため、成人の場合はそれほど恐れすぎなくても良いでしょう。
ピロリ菌は人間同士のキスなどの触れあいでは感染しづらい傾向があるため、発展途上国や上下水道が未発達な地域への旅行をするとき、住んでいる時などは汚染された食べ物や水に安易に触れないように気をつけることが大切です。
仮に感染してしまったとしても、近年は研究によって薬を使って除菌をする治療を受けることが出来るため、胃の調子が悪いと感じたときなどには病院での検査が有効です。

Copyrignt(c) 2015 ピロリ菌戦線 All rights reserved.