ピロリ菌戦線

ピロリ菌に感染しないために

新着情報

◎2017/5/7

ピロリ菌のリスク
の情報を更新しました。

「ピロリ菌 原因」
に関連するツイート
Twitter

《消化器》【萎縮性胃炎でのA型胃炎とB型胃炎の覚え方】 A型は自己免疫性(Autoimmune) B型はピロリ菌感染(Bacteria)が原因 ※日本ではB型胃炎の方が一般的。

Twitter med56_bot 医学語呂なう - 12:38

リツイート 返信

胃がん 胸やけ・腹痛・胃の痛み・吐き気・消化不良などの症状が出る。喫煙や食生活の偏り、ヘリコバクターピロリ菌による感染が原因と考えられている。 #保健師 #保健師国家試験

Twitter get_ph_nurse 保健師試験対策重要単語 - 8:40

リツイート 返信

@Mana_Sissy @mi_na0702 ロキソニン&ボルタレンの臨床試験によると3割の人に潰瘍ができるらしいです。現在ではピロリ菌と並んで胃潰瘍の3大原因の一つですがイマイチ世間に周知されてません。まぁ本当に良く効く薬なので医者もこれらが出せないと困りますからねぇ(てか気軽にしかも大量に出し過ぎ)w

胃がんのほとんどがピロリ菌原因?。ピロリ菌の感染者は胃がんになるリスクが約5倍に上がります。ピロリ菌感染の有無や、胃の検診などは対応している医療機関で行えます。また、ピロリ菌が陽性でも除菌によって胃がんのリスクを減らすことが出来ることが分かっています。

「検診ムラ」がある?>「医者でバリウム検査を受ける人間は僕の知る限りいません。内視鏡のほうが何倍も胃がんを発見できることを知っていれば当然ですよ。>胃がんの99%はピロリ菌原因 バリウム検査での発見率は低い│NEWSポストセブン t.co/dSZJ0l3a53">t.co/dSZJ0l3a53 #postseven NEWSポストセブン|胃がんの99%はピロリ菌原因 バリウム検査での発見率は低い│ t.co/dSZJ0l3a53">t.co/dSZJ0l3a53

「検診ムラ」がある?>「医者でバリウム検査を受ける人間は僕の知る限りいません。内視鏡のほうが何倍も胃がんを発見できることを知っていれば当然ですよ。>胃がんの99%はピロリ菌原因 バリウム検査での発見率は低い│NEWSポストセブン news-postseven.com/archives/20151… #postseven

Twitter kimihikoootsuru 大津留公彦 - 昨日 13:25

リツイート 返信

ピロリ菌検査結果、問題なしやったから安心したわ😊ただ、暴飲暴食が原因で腹圧が上がって胃が横隔膜の上に出てるみたいやから、腹八分目を心がけやんとあかんみたい😖若くはないし、気を付けるとしよ😢

Twitter ushi725 ushi(節酒中) - 昨日 11:13

リツイート 返信

バリウム検診はガンを誘発する NEWSポストセブン|胃がんの99%はピロリ菌原因 バリウム検査での発見率は低い│ www.news-postseven.com/archives/201511...

@kusunde_kitayo スグルさま ピロリ菌の駆除はされましたか…? ご存知だと思いますがピロリ菌は 胃ガンの原因にもなるので…(^_-) なにわともあれ お大事になさって下さい…♡

Twitter lovelyaibon ラブリ〜あいぼん - 昨日 7:55

リツイート 返信

AGML NSAIDsが多いが、抗菌薬・コルヒチン・ステロイドも原因 ピロリ菌の急性感染により生じる(慢性感染は慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍) ガストリン値正常 便潜血反応陽性 内視鏡:多発性の浮腫・発赤・びらん 再発は稀

ピロリ菌の再感染の原因について

ピロリ菌の再感染の原因について ピロリ菌を除去する事が出来ても、除菌成功率は100%ではなく、約2割の方が再発してしまうことがあるようです。
再発と言っても、再燃と再感染に分かれます。
再燃とは、除菌が成功したかの様に見えていたものが、実際には完治していなく、しばらくすると残っていたピロリ菌が再び増え始め1年後に検出されるケースです。
再感染は、完全に除菌に成功したものの再び感染してしまい検出されるケースです。
これらを明確に区分するのは現段階では難しく、完全に除菌できているかという判断に完璧な方法がないのが現状です。
除菌後1ヶ月以内に検査すると偽陰性が出やすいので、最終検査は、投薬期間終了した3ヶ月後に検査した方が、復活しているかどうかの判定が出やすくなります。
ピロリ菌の初感染は、乳幼児期が多い事で知られており、本来、大人になってから感染することは起こりにくい事なのですが、衛生環境が悪かったり、子供が感染していて、子供との濃厚な接触がある場合には大人にも再感染してしまう原因となります。
また、生水を飲んだり、ピロリ菌保持者とのコップの使い回しなどでも再感染の可能性が高くなる原因にもなります。

ピロリ菌の治療で副作用が出ることがあります

ピロリ菌は、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍のもととなる細菌です。
当然のことながら、この細菌が発見されると、除菌をすすめられます。
それによって、上記のような症状を予防できるからです。
まず、除菌薬は三種類あります。
抗生剤と胃酸分泌抑制剤とピロリ菌そのものを除菌する薬です。
ところが、このお薬が副作用を起こすことがあるのです。
どのような症状が出るのか、見てみましょう。
1.腹痛、下痢、軟便。
重い症状になることは少ないですが、抗菌剤や胃酸抑制剤による影響です。
2.味覚異常 食べ物の味がおかしくなり、苦みや金属のような味がすることがあります。
たいていは、2~3日で治まります。
3.アレルギー症状 発疹やかゆみ、蕁麻疹などが現れる人がいます。
4.発熱 抗生剤による副作用です。
5.肝機能の数値の変化 AST、ALTといった数値が変化することがあります。
これらの副作用が発生した場合は、勝手に薬の服用をやめず、必ず医師と相談の上、今後の方針を決定してください。

Copyrignt(c) 2015 ピロリ菌戦線 All rights reserved.