ピロリ菌戦線

ピロリ菌に感染しないために

新着情報

◎2017/5/7

ピロリ菌のリスク
の情報を更新しました。

「胃がん 検査」
に関連するツイート
Twitter

@tos 17時上がりで映画を観に行ってからのジムへ、167回目。明日はこないだの胃がんリスク検査の結果を聞きに行って、からどうしようかな。涼しくなる予報だからウロウロ徘徊するのもいいけども。日曜お仕事なのがネックなのかな #ジム #記録 #8月17日 pic.twitter.com/gcGa6zhz2b

返信先:@gen1025 ゴロゴロする検査自体も辛いし…。結果胃がん検診は辛いという結論に至る。

RT @sugaharahare: バリウム検査胃がんの早期発見には役に立たない割に半端ない放射線被曝量なのだという。経済原理でこういう検査が行われているとはね。ところで私はカテーテル治療を受けたことがあって、そのときに胸のレントゲンの何百倍も放射線浴びてます(^_^;

がんは検査重要。 俺の親父とお袋も同時期に食道がんと胃がんが見つかって親父は食道がんステージ3、お袋は初期胃がんだった。 お袋は初期だったから良かったけど親父はヤバかったな。今年で5年目だからホント長生きしてもらいたい

Twitter Pioneer0108 ぱいおにー

返信 リツイート 昨日 22:47

人間ドックでバリウムか内視鏡かを選べるなら内視鏡を選んだうえでピロリ菌検査を受けた方がいい。ピロリ菌検査は袋に息を吐くだけ。見つかったら一週間朝と夜に薬を飲んで除菌するだけ。胃ガンのリスクを減らせると思えばやる価値があるだろう。でもボノサップって強そうだな。 pic.twitter.com/qUNmehgOSu

Twitter keroyonsinchang ケロヨンしんちゃん

返信 リツイート 昨日 22:10

胃カメラで胃が荒れてたけど問題ないと診断されたけど先生はピロリ菌の検査一度受けた方が良いと言われ血液検査して今日結果出て。。。少ないがいると言われた。治療した方が良いと。胃がんのリスク減らせるのなら。。。1週間朝晩3種類=2錠とカプセル3。飲み忘れ禁止。だって🙄

胃ガン検診に引っ掛かったので、精密検査を受けることに😱💧 先生は「多分ポリープだから、大丈夫だよ」って言ってたけど、そっちも心配だけど胃カメラに耐えられるかの方が…

みなさんは健康診断をきちんと受けていますか? 健康診断は【半年に1回】が理想と思います。 私の知人は毎年健康診断を受けていたにもかかわらず、ある日突然末期の胃ガンと宣告されました。 病気の種類や状態にもよりますが、少しでも体の異変を感じたならば、すぐに検査を受けるべきと思います。

Twitter tr_kumachan 株のくまちゃん。

返信 リツイート6 昨日 18:03

体育教師引退まで毎年健康診断と二年に一度人間ドックだをうけていた。自信があり数年ブランクを経てドック入りし胃がんが胃全摘胆嚢摘出となった。となると定年退職後に検査すれば良かったことになると考える。 4割弱検診受けず。 参考 福友

返信先:@ojo_iris バリウムなんていう時代遅れの検査をやるくらいなら、ピロリ菌検査をして胃ガンのリスクを減らしておきましょう(*・ω・)ノ

Twitter 128yusuke 上野ユウスケ

返信 リツイート 昨日 17:18

胃がんにならないためにピロリ菌の検査を

胃がんにならないためにピロリ菌の検査を ピロリ菌は経口感染が主な感染経路となっており、水道の整備が不十分だった時代に感染する人が多かったのですが、現在でも検査を受けていない湧き水や井戸水などを摂取したり、野菜を十分に洗わずに生で食べたことにより感染する場合もあります。
以前は慢性的な胃潰瘍を放置したりすると胃がんになるものと考えられてきましたが、多くの胃がんがピロリ菌が影響しているものと分かっていて、きちんと除菌することが胃がんの発生を抑えることに繋がります。
胃の潰瘍を患ったことがある人だけでなく、十二指腸潰瘍などになったことがある人も検査を受けたほうが良く、内視鏡を使って直接観察して胃の粘膜を少量採取して調べる方法や、呼気の尿素を測定する方法、抗体測定、糞便中の抗原測定など色んな調べ方があります。
ピロリ菌の除去には薬による治療が行われますが、薬を飲み始めたら自己診断で途中でやめてしまわないようにする必要があります。
少しでもピロリ菌が残ってしまっていると意味がなく、一度使用した薬に耐性がついて別な薬を用いなければならなくなる場合もあるためです。
除菌が期待できる食べ物なども増えてきていますが、必ず医師の診断を受けるべきです。
除菌後でもまた経口感染してしまう可能性はありますから、定期的に検査を受けると良いです。

ピロリ菌の除菌に効くサプリメント

ピロリ菌とは、私たちの胃の粘膜に住み着いてしまう恐ろしい菌です。
非常に小さく、胃酸にも強い菌として知られています。
特に、このピロリ菌が原因で、慢性胃炎や胃潰瘍、また胃がんといった病気にかかってしまうことさえあると言われています。
一旦感染してしまうと、きちんと除菌しない限り、一生胃の中に住み続けるため、十分の注意とふさわしい対策を講じることが必要です。
その面で、たいへん効果があるのがサプリメントの摂取でしょう。
たとえば、乳酸菌の一種に、アシドフィルス菌と呼ばれるものがあります。
この菌は、もともと私たちの体内に存在している乳酸菌です。
腸の中や口腔にも存在しているこの菌は、熱や酸にもたいへん強いため、胃酸にも負けずしっかりと腸にまでたどり着くことができる菌なのです。
この菌は、ピロリ菌に対しても強い抗菌作用を持っているため、適量に摂取しているならば、ピロリ菌から大切な胃を守ることができるでしょう。
このような効果を持つアシドフィルス菌は、サプリメントから手軽に摂取することができます。
それで、普段から口にする飲み水や食物などに注意するとともに、この乳酸菌がしっかり配合されたサプリメントを摂取して、予防や対処に励みましょう。

Copyrignt(c) 2015 ピロリ菌戦線 All rights reserved.